ここがどうしても劣っている

やりやすいなりに、問題も出てくる

画像作成ソフトとしての価値で見れば、ウェブアートデザイナーだけを使用するのも十分ありだ。ただ画像作成をして細かな部分まで調整するとしたら、やはりフォトショップの方が使いやすくなるという人もいる。これはどちらが使いやすいかではなく、使用している本人が画像作成を『何処までするか』でその尺度が変わってきます。先ほども話しましたが、このウェブアートデザイナーとはあくまで『初心者が使用する分には最適』というだけで、何年もウェブデザインをしている人からすれば機能によっては使いづらいと感じる部分も出てきてしまいます。

それがひいてはこのソフトが出来る限界であり、欠点とも言える。これがなければいいのに、そう思っている人も多いでしょうが、欠点が改善されてしまえばその他の画像作成ソフトに及ぼす影響が計り知れない。そもそも補佐的なシステムだという点を考慮すれば、欠点というよりは限界といった方が早い。

では画像作成ソフトとして、フォトショップと比べた場合にはどんなところが見劣りしてしまうのか、その点を掬い上げてみる。

使いやすいPCソフト

ウェブアートデザイナーの限界点

そもそもウェブアートデザイナーはホームページビルダーというソフトの補佐をするためのモノという点を考慮しても、フォトショップと比較して見て利点があることの方が驚きだ。独立したソフトではないことを踏まえれば、出来ることの範囲がそれなりにある、というのは十分すぎる。

だからこそ、出来ないことが出てきたところでそれはしょうがないと見た方が適切な対応でしょう。ではあえて明言する限界点は何かというと、『デジカメなどで撮影した画像が大きい場合などが使い勝手が悪い』という部分だ。

ウェブアートデザイナーの本質的な画像作成ソフトとしての使いみちは、『ロゴ作成をメインに据えたもの』だ。そのためロゴを作成する上での大きさとなると、やはり限りが出てしまいます。統合ソフトとしてはこの点がなければもっと使い勝手が良いと答える人もいますが、おそらくそこを改善されては他のソフト購入にも支障をきたしかねない。色々複雑な利点は絡んでいるのかもしれませんが、ウェブアートデザイナーの限界としては落ちどころとすれば最適なのかもしれません。

こういう点も

ロゴ作成を軸に据えているため、画像を切り出して編集するという機能に特化したものとなっています。だがこのロゴ作成というのはあくまで『ウェブサイト上のロゴ作成』に優れているだけで、通所のロゴ作成にはあまり適していないことをきちんと理解しておかなくてはならない。

その点を把握していないと出力して印刷しようとしたら、画面上の色とはかけ離れたものになってしまう恐れが出てしまうのだ。画面上の色がそのまま印刷されないのがデジタル作成での難点でもあります。視覚的にキチンと捉えていてもアナログとデジタルではその差は歴然とします。

ウェブデザイナーになりたい方へ

単一であればこれほどいいものはないとまで

こうした点を考えるとウェブアートデザイナーという画像作成ソフトは、まだデザインについて初めたばかりの人にとっては使いやすさに優れている。サイトを作る上で、ロゴを作るということ、画像編集とはこうやるものだという初歩的な部分を学べる。

実際、ロゴデザインであればとても簡単に作成できるので苦労することなく手軽にオリジナルのロゴを自身のサイトで公開できるというのだ。ただオリジナルと言えど使い方によっては、オリジナルとは言いがたいものになったりします。

結局はホームページビルダーを補佐するためのソフトという立ち位置が適切なので、それ以上でもそれ以下でもない。また趣味という範囲で使用する点を考慮すれば問題ありませんが、ウェブアートデザイナーはプロが使用するものとしては、実はあまり有益性がないのです。個人サイトを作る上では良いですが、それでも趣味から実益を兼ねたものへと発展させるとしたら卒業しなくてはならないソフトとなっている。

メニュー