フォトショとイラレの違い

似ているようで微妙に違う

ここまでで説明してきた画像編集ソフト、ウェブアートデザイナーとフォトショップ、さらにはイラレなどを取り上げてきましたがイマイチピンと来ないという人もいるでしょう。特にフォトショとイラレが区別できないと、そう嘆く人も多そうだ。それもそうだ、どちらの製品も同じ企業がライセンスを獲得した上で販売している。ただ通常の編集という点に着目するとしたら、イラレよりもフォトショップの活用が一般的だと思います。

フォトショップは趣味・実用問うことなく世界で一番使用されている画像編集ソフトの1つだ。なので使える分には損をすることはない、むしろ得をすることも出てくるかもしれません。どちらにしても使えるなら使ったほうがいいのもありますが、やはりどちらを使うかはその人の事情によって左右されます。なので仕事柄フォトショップよりもイラレの方を普段から使うという人もいれば、どちらも似たような頻度で使っている、ということもあるかもしれません。

そう考えるとどちらを使えば効率がいいかとなった際、普及度からフォトショップの方が良いと一概に断定できるわけではない。人によってはフォトショップよりもイラレの方が良いというケースもある。こうなると気になってくるのはどちらのソフトがどう違っているのかという点だろう。

ここではそんなフォトショップとイラレの違いについて、少し取り上げてみる。

使いやすいPCソフト

主な違いとして

画像の違い

まず一番最初に取り上げられるのが、編集しようとしている画像の種類が異なっているという点だ。どう違うのかというと、フォトショップで制作しようとしている画像はソフトで開いた際にドット調で画像が構成されている『ビットマップ画像』となっている。対してイラレの場合は『ベクター画像』と、拡大しても荒れないのが特徴となっている。

どうして違うのかという問題を取り上げるのはあれだが、画像編集する際にドット調になって荒れてしまっては編集作業に支障をきたしてしまうこともある。そのため、細かな修正を頻繁に行う編集の際にはフォトショップよりもイラレでの編集が適していると言えるのです。

編集ソフト1つ違うだけで画像表示が面白いくらい異なっているので、この点をきちんと留意してどのソフトを使うかを検討しよう。

何が作れるのか

ビットマップ画像とベクター画像、それぞれの画像で主に作るものとしてどんなものがあるのか、その点についても触れると大体次のような画像を作る際に利用されています。

上記の内容に即していくと、拡大しても荒れないものを作りたい際にはベクター画像にして、写真や素材の制作などをする際にはビットマップ画像にする。これが一般的な考え方となっている。

ソフトの使用で異なる職業

フォトショップとイラレ、どちらのソフトを愛用しているかでその人の職業を知ることが出来る場合もあります。どちらも趣味でやっている、それこそ仕事は全く関係ない、飲食店で店長をしているとなったら仕事でも活用はするものの、半ば私用で使っていると言っても良い。ただ業界でどちらのソフトを使っているかによって、その人の事情なども加味していく必要がある。ではどちらのソフトを使っているかで、どんな仕事に就く、あるいは就けるのかというとこのようになっている。

フォトショップが仕事道具となる職業
イラレを仕事で使う職業

ウェブデザイナーになりたい方へ

ウェブアートデザイナーと比較して

現在のウェブデザイン業界では主にこの2つのソフトを使用するのが通常仕様となっている。流石にウェブアートデザイナーを使用している、という制作会社は存在しないでしょう。内情的な問題で予算の多くを用意できない、といった問題もあるかもしれません。ですがやはり最低限フォトショップないしイラレのどちらかが使用できる環境となっていなければ取引などという段階にまでもっていけません。

ウェブアートデザイナーはあくまで趣味として利用する分には十分ですが、それ以上の作業が求められる場合にはフォトショあるいはイラレのどちらかの使用が求められます。ただ性能的な事、そして昨年発売されたモノのことを吟味してみると、無理に購入する必要もないという結論にも至ります。そういう意味ではホームページビルダーを購入したほうが手っ取り早い、という意見にも納得できる。

メニュー