始める前に知っておきたいこと

画像編集といえど

フォトショップの使用については必ずしも切り替え・乗り換えが必須だ、などと強く言うつもりは毛頭ない。人によっては考えも異なれば、使い勝手の良さなども大分違ってきます。そうすると自分が今こうして利用している点を考慮していくと、ウェブアートデザイナーで事足りるというのならそれはそれでありだ。先に話したように、現在発売されている最新のホームページビルダーのウェブアートデザイナーはこれでもかという位にソフトそのものが様変わりしている。それこそ単体でもう無理に何か別の画像編集ソフトを使う必要が無いんじゃないかと、そう思えるくらいにだ。

言い過ぎではないかと思うが、今後のことを考えてウェブデザイナーとしての展望を求めているわけではないのなら、ウェブアートデザイナーで満足できるでしょう。しかしこれから先、少しでも自分の将来にデザイナーとしての進路を見定めたいと思っているのなら、フォトショップが使えないとまともに求人案件にも掛かれないのが現実。こういうところはかなりシビアなので、仕事となると話はやっぱり変わってきそうだ。

さて、では基本的にフォトショップを使うとなったらどんなことを知っている必要があるのか、という点について触れてみよう。

使いやすいPCソフト

3D ACADEMY 在学中の生徒の国籍比率、セブ島留学ならお任せください。

フォトショップを使う時とは

フォトショップを使う場合とは、こちらもすでに話したが写真加工だ。加工と言っても別に大層な作業をするわけではありません、ただ写真写りを良くしたり、あるいは写真の中身を見やすくするといったことを程度です。それだけで何か変わるかといえば全然印象は変わってきます。

例えば企業が求人の際に求人サイトに載せる写真などが良い例だ。掲載予定の写真、その中身はどこか暗くて壁が曲がっているような歪さが感じられるものだったとしよう。果たしてそんなオフィスで仕事をしたいと思う人がいるだろうか。暗がりの中でパソコンを操作し、明るく楽しく業務に励んでいるとはとてもではないがそうは思えない。企業としても印象を少しでも良くしないといけないとしたら、ある程度見栄と言い切るつもりはないが体裁を良くする必要はあります。

最近ではフォトショップを使う人は男女構わず、証明写真などにも活用するという。写真写りを良くして、あまりみっともない姿にならないようにという意味合いもあります。ただ最近でいうところのインスタグラムなどを見て、その写真が本当にそうなのかと考えたら疑問視しか出てこない場合がある。

芸能人はよくやっている

そういう意味では芸能人はフォトショップを愛用している人が非常に多い。特に某歌姫とまで呼ばれた女性歌手のフォトショップを使用した写真加工という名の修正作業は、専門家を度々悩ませていると言われるほどだ。ここに事務所などの圧力もあるのかもしれませんが、やはりイメージとして綺麗に保っていなくてはならないという理由が根深く関係していそうだ。ただこの方の場合、写真加工は最早CG技術と揶揄されるほどやり過ぎだろうと言われているほどで、現実の彼女と雑誌などで掲載される写真とは全く別人に仕上がっている。

詐欺ではないかという人も多いが、男女関係なく芸能人ならばある程度は修正をしているものだ。それは良い、気になるシミやシワなどを消して肌を少しでも綺麗に見せたい、という人も多い。また手足を細くしたり、あるいは長さをちょっと加えたいといったことまで出来てしまいます。何でもありな時代なのだ、フォトショップを使用すれば何もかも隠蔽できるほどに。

ウェブデザイナーになりたい方へ

個人運営のホームページ制作ならお任せを!【indeco】インディコへお問い合わせを!Java 案件ならに関する情報多数!

やり過ぎ厳禁

ただ写真加工と言ってもやって良いところと悪いところはある。それこそ芸能人でもないのに、自身の体をこれでもかと改造しましたレベルで加工した物を乗せるとたちまち反感を呼び寄せます。芸能人であってもいくら修正が普通と言っても、限度を守らなければファンからの失望も大きい。老いとの戦いで負けたくはないという思いもあるでしょうが、実物と写真があまりに違いすぎると余計にファン離れを引き起こしかねない。

現実においてもそれは例外ではない、ただやはり出来ることなら綺麗な写真の方がいいと考えている人も多い。ウェブアートデザイナーでもそうした加工は多少出来ますが、写真加工という方向になるとフォトショップの利用が一般的だ。女性のみならず男性にも時に写真映りがいいものにしたいなら、フォトショップの操作に慣れていると色々お得かもしれません。

メニュー