最初に覚えておくべきは

特殊過ぎる故に

イラストレーターのソフトを使用する、となった際にはすぐにソフトへと取り掛かるべきかといえばそうでもない。まずは簡単にソフトを使用してどんな作業をこなしていけば良いか、その点をきちんと確認する必要がある。イラスト作成などで使用していく時にも何かと利用する事になる機能ですが、フォトショップでも事前に何の勉強もなくソフトを開いても、何をどうしたらいいのか分かる人など皆無でしょう。デジタルソフトにはデジタルソフトならではの使い方がある。それを事前に説明書などで確認してからでないと操作もままなりません。

ただ実はイラスト制作、というものでイラストレーターソフトを使用している人もいますが、フォトショップの方を愛用しているという人も多いのだ。画像編集もそうですが、ペイントソフトという立ち位置ではイラストレーターよりもフォトショップの方が断トツ人気が高いと言っても過言ではなく、実績的にもイラレよりもフォトショップが需要があるとも見られることもあります。

人気がないわけではないが、使いやすさなども少なからず関係しているでしょう。ではイラストレーターのソフトが使いづらいかと言えばそうでもない、ですが使うとなったら最低知っておきたい事はあるので、その点を少し掻い摘んで説明していこう。

使いやすいPCソフト

ツールボックスの存在

画像編集ソフトを利用するとき、これはフォトショップやイラレなどにも当てはまりますが開口一番に確認しておきたいところが『ツールボックス』の中身がどのようになっているかだ。手馴れている人はまずここを確認すると思いますが、初心者がもしここを見たとしてもどのキャプチャがどのような操作をして、どういった効果をもたらしてくれるのか、というところから知らなくてはならない。イラレについてもそう、なので最初にツールボックスの中を見て、どれがどのように編集時役立つのかを知るところから始めなくてはならない。

その中でも特に知っておきたい物を一部ピックアップして説明していこう。

ツールボックスの詳細

選択とダイレクト選択

イラレを活用する際には頻繁に利用することとなるものの1つとして『選択ツール』・『ダイレクト選択ツール』の2つが挙げられます。どちらも同じ選択ですが、微妙に使い勝手が異なってくる。前者は主にオブジェクト、つまりは描いた作品を移動・回転・複製といったことをする際に使用するモノ。後者はアンカーポイントを選択し、図形の形を変える時に使用するモノとなっている。

似ているようで用途が全く異なっているので、どちらでも良いからという安易な結論に達して学ぶことを放棄するのだけはやめておこう。そもそも諦めてしまったらまともにイラレで画像編集が出来なくなってしまうので、2つのツールがどう違っているのかを良く見極めよう。

ペンツール

イラレでの制作作業というと、フォトショップのように編集というよりは『創作』に近いところがある。それというのも、ある画像を作りたいとなった際には制作時は『図形を作る』というのが的確な印象だからだ。イラレではそうした図形づくりのことを『パス』と呼び、アンカーポイントと呼ばれる物を設定してからその端点同士を結ぶことによって図形ないしイラストを作っていきます。

このアンカーポイントを作る時活用するのが『ペンツール』と呼ばれるものだ。これを使ってアンカーポイントを設定し、2つ目のアンカーポイントを指定することで図形を完成させることが出来ます。

文字ツール

イラレで何かしら画像編集を行っている際、何かと画像に文字を入れたりする機会もあるかもしれません。そうした際には『文字ツール』が役立ちます。この文字ツールにしても活用次第では文字を指定した図形内に収める『エリア内文字ツール』を使用したり、あるいは特定のパス上に文字が並ぶようにする『パス上文字ツール』などを活用することで、様々な文字入力が可能となる。

必ずしも文字を使うかといえばそうでもないですが、イラストを制作した際にはキャッチコピーなどを書き記すなどすれば印象も変わってきます。フォトショップでもこうした作業は出来ますが、イラレだからこそ出来る事もある。

ウェブデザイナーになりたい方へ

基本は押さえて

ここで紹介した内容に関してはあくまで基本中の基本、というよりは理解していないとまともにソフトの利用すら出来ないものと見ていい。ツールと言っても色々あるが、中でもこの2つさえ最低限覚えていれば単純な画像制作は意外と簡単にできます。そうではない、もっと凝りたいと考えている人はきちんとその他の事も覚えるようにしよう。

メニュー