イラレを使ってみよう

画像編集ソフトの中では少し特殊な位置

ウェブデザインをする際、ウェブアートデザイナーかフォトショップのどちらかを使用するのが一般的です。どのソフトを使用するかは人それぞれになりますが、趣味として業務としてと異なる視点から見た場合にはウェブアートデザイナーが前者、フォトショップが後者とみなしたほうが良い。現在の業界模様から鑑みても、後者が使えないとまず採用条件にすら届かないという世知辛さと対面するハメになるからだ。

歯がゆいと感じる人もいるでしょうが、こればっかりは何とか受け入れてもらうしかない。さて、どちらかのソフトを使うにしても選択肢が狭すぎると思っている人もいるでしょう。それこそ画像編集ソフトとなったら、フリーソフトを初めとして多種多様なソフトが存在している。筆者もいくつかフリーソフトを使用しているが、有料のものと比べるとやはり無料でネット配布されているものとは、何かと性能面で差が出ているのは否めない。

有料しかないのかと言われても、それはそれで受け入れてもらうしかない。ただ値段に応じた機能が利用できるとするなら、使う意味も真っ当にあるからだ。そんな画像編集ソフトの中でも微妙に特異な立ち位置に即しているソフトがあります。『イラストレーター』というソフト、こちらを利用するのも一つの方法です。

使いやすいPCソフト

イラストレーターとフォトショップ

イラストレーター、正式名称は『Adobe Illustrator』というものでフォトショップとは販売元が一緒と見ていい。物凄く大まかに言ってしまえば姉妹ソフトとも言えなくもないですが、微妙に異なるものだと言う点をきちんと承知していないといけません。

フォトショップはウェブデザインの作成、主に全体的に何でも活用できるソフトといえる。それに対してイラストレーターについてはウェブデザインの中では、特に『ロゴ作成』に優れているモノなのです。同じデザインでもソフトが違うだけで得意な分野は異なるので、使用目的などがはっきりしていない人はこうした部分でも大きな間違いをする場合もあるかもしれません。また文字通り、イラストレーターなので、イラスト制作にも長けているのでデザインはデザインでも写真加工というよりは『一から創作する』と見るべきだ。

画像の編集は出来るが、ウェブデザイン全般の編集加工となったらフォトショップ、あるいはウェブアートデザイナーのどちらかが適しています。

かなり専門的なソフト

イラストレーターについていうと、画像編集ソフトというものがどんなものか分からない人が手につけるには若干、難しい物がある。それというのもイラストレーターのソフトはかなり特殊なソフトとなっているので、知識がない人がいきなり手を付けてどうにかなるものではないからだ。学生時代、このイラストレーターを使っての授業を選択して受けていた事もあったが、知識どころかその頃はまだパソコンを持っていなかったのもあって、面白そうの一言で授業選択をしたのをひどく後悔した思い出がある。

授業内容やソフトを使用した課題などは楽しかったが、最初の内は慣れないことばかりだったせいで大分苦労した記憶しかない。面白くても操作が難しくて苦戦した、という筆者の体験を参考にしても、フォトショップ事態も変わらないと思います。ただやはりイラストレーターと比べると、一般的に使いやすさで言えばフォトショップの方が扱いやすい点は間違いないと、ここではっきりと告げておく。

ウェブデザイナーになりたい方へ

使い方によっては

だからフォトショップしかない、なんて短絡的な答えを導こうとは思わない。イラストレーターにはイラストレーターならではの利点はある。ウェブアートデザイナーでもイラストレーターが得意としているロゴ作りは出来る、ただロゴが作れるといってもオリジナル性を重視した物となればイラストレーターで作ったものの方がより際立ちます。

そういう面でイラストレーターのソフトも使用出来た方がいいと、そう考えている人も多く、フォトショップ以外のソフトも使用できたほうが良いという意見も度々見られます。中にはフォトショップとイラストレーター、どちらも扱えるなら良いという求人を見かける事もあるので、学んで損をするなんてことはない。

メニュー